概要

NewtonSuite-AVESは、アセンブリを含む振動特性を効率的に評価できることを目指す設計支援ツールです。

固有値のような振動特性は、単品で問題がなくてもアセンブリになった途端に、実測と合わない、結果がばらつくことがよくあります。 特に接触面境界が影響するようなアセンブリ振動になると、その確からしさも含めると評価が難しいことも少なくありません。 このような課題を解決するために、アセンブリを含む振動特性を効率的に評価できる機能をご提供します。

AVESの目的

  • 接触を含むアセンブリ振動解析の正しいプロセスを提供すること
  • 複数結果を比較するための効率的な評価機能を提供すること

精度の高い接触結果に基づいて接触面剛性を作成し、それを使った振動解析を行う機能を標準モジュールとしてご提供します。 また、振動を効率的に評価できる様々な機能はオプションモジュールとしてご提供します。

機能

接触面剛性マトリクス作成機能

接触解析で得られる接触面圧分布に基づいて接触面剛性マトリクスを作成します。
接触面剛性を算出する時には、Greenwoodの理論に基づいて接触面圧を接触面剛性に換算をしています。 ここで作成した接触面剛性マトリクスを使って固有値解析を行うことができます。また、出力した接触面剛性の情報をNastranの複素固有値解析に利用することも可能です。

接触面剛性に基づいた固有値解析

作成した接触面剛性を利用して固有値解析を行うことができます(※ADINAソルバーが必要)。
例えば以下に示すように、モデルや他条件が同じであっても、接触境界の表面粗さなどに起因した接触面剛性が異なれば、固有周波数に影響を及ぼします。

※AVESは次の機能をオプションモジュールとしてご提供します。

  • MAC値評価機能 : 2つのモデルの類似性を評価したい場合
  • 連成強度評価機能 : 不安定性を評価したい場合
  • 理想モード比較機能 : 理想形状との類似性を評価したい場合

AVESオプションモジュールの詳細はこちら >>

推奨環境

OS Windows8.1 / Windows10 64bit Microsoft .NET Framework 4.0以上
メモリ 8GB以上推奨
ライセンス形態 Code Meter ノードロック/フローティング
その他 Microsoft Office 2007 以降(※レポート機能利用時)
ADINA9.4以降