続・混合~流体潤滑状態における摩擦特性算出方法のご提案

このイベントは終了しました。

多くのお客様にご参加いただき誠にありがとうございました。

本セミナーは「混合~流体潤滑状態における摩擦特性算出方法のご提案」の続編として、粗さの影響をこれまで以上に追求したい場合に効果的な手法をご紹介します。粗さを持った2固体表面が大きな荷重で接触している潤滑状況下では、突起が変形したり、隠れていた部分が突起になると流路(油膜)の粗さも変化します。特に流路(油膜)が薄くなると「流路粗さ」がその後の潤滑計算へ与える影響が大きくなるため、大きな荷重などの厳しい条件下の潤滑計算では「流路粗さ」を正確に考慮することが重要となります。
「混合~流体潤滑状態における摩擦特性算出方法のご提案」でご紹介した手法(Greenwood-Williamsonモデル)では、面ごとの性状解析から粗さを正規分布と仮定して、「流路粗さ」を統計的に取扱っていました。そこで「流路粗さ」をより正確に考慮するため、接触変形後の粗さを考慮したアプローチ方法を考案しました。この方法では、面ごとの性状解析だけでは知ることのできなかった「流路粗さ」の特性をパラメータとして取得し、潤滑計算に反映しています。
セミナーの前半では「流路粗さ」を潤滑計算へ正確に考慮した計算とある程度考慮した計算の比較事例を紹介し、後半では接触変形後の「流路粗さ」を取得するために有効なツール"Asp-μ"をご紹介します。

日時 2024年06月12日(水)13:00 - 14:00(録画配信)
 申込締切日:2024年06月11日(火)17:00
場所 オンライン開催
費用 無料(事前登録制)
定員 60名
内容

1. 表面粗さと流体潤滑の関係
2. 粗さを考慮する流体潤滑計算例
3. 表面粗さ解析ツール・ASP-μのご紹介

!メールアドレスの入力ミスにご注意ください。
メールアドレスのご記入が間違っている場合、お客様へ受講案内を発行する事ができません。
メールアドレスは正しく入力いただくようお願いします(コピー&ペーストを推奨します)

このイベントは終了しました。

多くのお客様にご参加いただき誠にありがとうございました。

※内容および時間は変更となることがございます。
※内容の録画・録音・撮影は禁止しております。
※受講当日に使用されるデバイスとインターネット環境にて事前接続確認を実施いただくようお願いします。
※万一受講時にGoToWebinarに接続できなかった場合の対応は致しかねますのでご了承下さい。

※メールアドレスは必ずご所属先のアドレスにてお申し込みください。
 フリーやプライベートのメールアドレスからお申込みいただいた場合は確認のご連絡をさせていただきます。
※本セミナーは日本の製造業のお客様に向けて発信しております。
 弊社と同業者もしくは製品設計・開発に関わりのないお客様の参加はお断りする場合がありますのでご了承下さい。

セミナー受講に関する確認と手続き

お問合せ先

ニュートンワークス株式会社 セミナー事務局

TEL:03-3535-2631

E-Mail:nwc-seminar@newtonworks.co.jp