混合~流体潤滑状態における摩擦特性算出方法のご提案

機械構造において摺動時の摩擦による損失対策は重要な課題の1つかと思います。内部で使用される軸受などの機械要素は基本的に潤滑状態で使用されるため、その摩擦特性はすべり速度や粘度、荷重に依存するとしてストライベック曲線がよく知られています。CAEにおいて摩擦係数は一定で扱われることも少なくありませんが、より厳密に損失を見積もるのであれば、速度依存性まで考慮する必要がでてくるかもしれません。
本Webinarでは、最初にストライベック曲線の概要と速度依存性摩擦の設定方法についてご説明させていただきます。また、機械部品の摩擦特性は、実験計測によって取得されることが多いかと思いますが、それには計測技術とともに時間やコストもかかります。本Webinarの後半ではバーチャル実験(CAE)で算出する方法について関連ツールと合わせてご紹介させていただきます。

日時 2021年12月10日(金)13:00 - 14:00(録画配信)
 申込締切日:2021年12月09日(木)17:00
2022年02月08日(火)10:30 - 11:30(録画配信)
 申込締切日:2022年02月07日(月)17:00
場所 オンライン開催
費用 無料(事前登録制)
定員 60名
内容

1. ストライベック曲線の概要
2. 速度依存性摩擦の設定方法
3. バーチャル実験(CAE)によるストライベックの算出方法
4. 流体潤滑計算プログラム「OilFilm」のご紹介

※本Webinarの続編を開催いたします。
「続・混合~流体潤滑状態における摩擦特性算出方法のご提案」の詳細はこちら

!メールアドレスの入力ミスにご注意ください。
メールアドレスのご記入が間違っている場合、お客様へ受講案内を発行する事ができません。
メールアドレスは正しく入力いただくようお願いします(コピー&ペーストを推奨します)

お申し込みはこちら >>

※受講までに事前接続確認を実施下さい。
※内容および時間は変更となることがございます。予めご了承下さい。
※内容の録画・録音・撮影は禁止しております。予めご了承下さい。
※弊社と同業者もしくはソフトウェアに直接関係しないお客様の参加はお断りする場合がありますのでご了承下さい。
※メールアドレスは必ずご所属先のアドレスにてお申し込みください。  
 フリーやプライベートのメールアドレスからお申込みいただいた場合は確認のご連絡をさせていただきます。

Webinar接続手順はこちら

事前接続確認はこちら

お問合せ先

ニュートンワークス株式会社 セミナー事務局

TEL:03-3535-2631

E-Mail:nwc-seminar@newtonworks.co.jp