FMI

欧州Modelisarで制定されたFMI規格に対応しています。
FMIの互換性チェックもすでに行われており、作成・取り込みの双方においてME(ModelExchange規格、ソルバー外付け)、CS(CoSimulation規格、ソルバー内蔵)の双方が利用できます。作成ツールとしてでなく、統合ツールとしても威力を発揮します。

Simulink

CoSimulation

後述のTCP/IP方式を用いてSimulinkとSimulationXを通信させながら計算させることが可能です。

Cコード出力

後述のCコード出力を用いてSimulink用にS-Functionを作成することが可能です。

SimulinkモデルのFMU化(CoSimulation)

ESI ITI社はSimulinkのモデルをSimulink Coder機能を用いてFMU化するツール(FMIのCS規格対応)も提供しています。

通信による連携

TCP/IP

LabView、CarSim、RecurDyn、Adamsとのインターフェースが用意されています。
異なるPC間での実行も可能です。

COM Interface

Microsoft WindowsのCOM機能を用いることができます。VBScriptや、JScriptの利用が可能です。CやC++などのアプリケーションとも接続可能です。

TCP/IP

Cコード出力

SimulationXで作成したモデルを各種のツールに対応した形式でCプログラムとして出力可能です。

出力タイプ

CADデータ読込

MBSで機構計算などを行う場合、開発者に具体的なイメージを持たせるためCADデータを取り込むことが可能です。CATIA、Pro/ENGINEER(Creo Parametric)、Autodesk Inventor、SolidWorksに対応しています。