OPTISHAPE-TSのソリューション

イノベーション開発に向けて設計のプロセスが大きく変革し、MBD(モデルベースデザイン)のV字プロセスを実現するための手法が注目されています。当社は最上流の設計段階で、『形』ができる前の機能設計を1DCAEで実現する提案をし、設計の最適を目指しています。この最適化された機能(仕様)を詳細設計に展開し、『形』を具象化しなければなりません。設計者は機能を実現するための形状をデザインする際に、従来の形状を利用しながら3次元CADのフィーチャモデリングで形状修正・作成していく手法(パラメトリック)によるアプローチをする場合もあるでしょう。それとは逆に、クレーモデルを作成するような手法(ノンパラメトリック)でゼロからモデルを考える、パラメトリックに拘らないモデル修正の場合もあるでしょう。

当社は、OPTISHAPE-TSを利用した1DCAEから3DCAEの設計プロセスを連携した形状最適化をご提案します。

optishape のイメージ

OPTISHAPE-TSは3つの構造最適化を機能をサポート

位相最適化(トポロジー最適化)、ノンパラメトリック形状最適化、ビード最適化をサポートしています。パラメトリック最適化手法だけでは実現できない柔軟な形状創造を支援します。

  • 位相最適化で、初期・開発段階で最適なレイアウトをご提案
  • ノンパラメトリック形状最適化で、構造表面を自由に変形させて最適な形状をご提案
  • ビード最適化で、板材の剛性を上げるためのビード位置をご提案

3つの機能の詳細はこちら >>

OPTISHAPE-TSはソルバー内臓型

OPTISHAPE-TSは高度な最適化を実現する為、独自の有限要素法解析のソルバーを内蔵し、最適化のエンジンと連携してフレキシブルな形状最適化のアプローチを実現しています。外部のソルバーは不要なので、特別なコストを追加する必要はありません。
解析ソルバーは理論に忠実で堅牢な解析を実行し、安心した解の精度を実現しています。

  • 線形静解析・固有値解析・周波数応答解析・固有値座屈解析・定常熱伝導-線形静解析連静解析・構造-音響連静解析

S-Generatorで最適化形状結果をCADデータに具象化可能

S-Generatorは、OPTISHAPE-TSで計算して作成した最適化された形状を可能な限り3次元CADの形状に展開します。これまで解析結果からイメージしてCAD形状作成していた大変な作業を、S-Generatorはエンジニアの作業を大幅に簡略してくれます。

S-Generatorの詳細はこちら >>

動作環境

対応OS Windows7 / Windows10 (64bit)
UNIX / Linux (ソルバーのみ)