機械学習によるシステム信頼性ソリューション

SDGs、脱炭素、デジタル化、多くの達成目標だけでなく手段の変革も問われる中、製品の開発・設計現場では様々なCAEや分析ツールを併用し独自性の高い製品に向けたものづくりが取り組まれています。一方、スマートフォンの認証やコロナ禍における混雑度合いなど、AIによる分析はすでに身近な技術となりつつあり、製造業においても複雑な課題達成や問題解決において活用の期待が高まっていますが、通常業務に用いるには多くのハードルがあるのではないでしょうか?これらの課題に向けて、ニュートンワークスでは20年以上にわたる構造解析(FEM)や1DCAE(MBD)を通じたものづくりへの支援に加え、従来ご提案してきた最適化技術とどまらず、新たにデータサイエンス領域へのチャレンジを加速しています。

本ウェビナーでは、誰でも簡単に利用できるようになった機械学習によるシステムの信頼性を分析するソリューションをご紹介します。皆さまの問題解決にお役立ていただけるご提案となっておりますので、ぜひこの機会にご覧ください。

日時 2021年12月13日(月)13:00 - 14:00(録画配信)
 申込締切日:2021年12月10日(金)17:00
2021年12月22日(水)10:00 - 11:00(録画配信)
 申込締切日:2021年12月21日(火)17:00
2022年02月08日(火)13:00 - 14:00(録画配信)
 申込締切日:2022年02月07日(月)17:00
場所 オンライン開催
費用 無料(事前登録制)
定員 60名
内容

【開催内容】
 1. 製品の複雑化と開発プロセスの多様化
   従来手法による信頼性評価の課題と近年におけるアプローチを分かりやすくご紹介します。
 2. システム信頼性分析と機械学習による課題達成シナリオ
   システムの故障や劣化の評価における課題の解決フローとシステマチックな分析手法を
   操作例と合わせてご紹介します。
 3. 信頼性分析に向けた1Dシステムシミュレーション
   信頼性分析に用いるモデル、シミュレーションに求めらる要件とシステム検討への
   1Dシミュレーションの
必要性について紹介をします。

【本ウェビナーのポイント】
 ・故障要因となる様々なパラメータ(バラツキ、劣化や摩耗、故障など)を
  段階的に変化させ、システムシミュレーションにより信頼性を評価。
 ・専用に開発した高速並列計機能でビックデータ取得。
 ・取得したビックデータを機械学習を用いてシステム全体の性能低下や
  要件の達成が可能かを判断。
 ・上記を手軽に行えるソリューションを提供。

!メールアドレスの入力ミスにご注意ください。
メールアドレスのご記入が間違っている場合、お客様へ受講案内を発行する事ができません。
メールアドレスは正しく入力いただくようお願いします(コピー&ペーストを推奨します)

お申し込みはこちら >>

※受講までに事前接続確認を実施下さい。
※内容および時間は変更となることがございます。予めご了承下さい。
※内容の録画・録音・撮影は禁止しております。予めご了承下さい。
※弊社と同業者もしくはソフトウェアに直接関係しないお客様の参加はお断りする場合がありますのでご了承下さい。
※メールアドレスは必ずご所属先のアドレスにてお申し込みください。  
 フリーやプライベートのメールアドレスからお申込みいただいた場合は確認のご連絡をさせていただきます。

Webinar接続手順はこちら

事前接続確認はこちら

お問合せ先

ニュートンワークス株式会社 セミナー事務局

TEL:03-3535-2631

E-Mail:nwc-seminar@newtonworks.co.jp