圧縮装置のメカニズム検討のためのSimulationX活用セミナー ~マルチドメインシステムのモデリングの必要性~

機械的エネルギを流体エネルギに変換する圧縮装置は油空圧機器や冷凍空調機器など多くの製品に使用されています。このような圧縮装置の開発には機械、流体、電気、熱そして振動など複数の物理現象を考慮した検討が必要と考えらます。

本Webinarでは、コンプレッサを題材に流体を圧縮するモデリングや、圧力変化により開閉するリード弁構造のモデリングを含めたSimulationXによるシステムモデリングの構築例を示し、製品としての性能検討に適用する事例を紹介します。また実験が難しいとされるリード弁における油膜付着の現象を、構造解析ツールのADINAの機能を利用して3DのFEMモデルによる解析を行い、その結果を活用したシステムモデリングの例を紹介します。さらに最適化計算結果から設計空間を視覚的に捉える分析事例など、ご参考になる内容となっております。ご興味をお持ちの方はぜひご参加ください。

日時 2021年12月07日(火)13:00 - 13:30(録画配信)
 申込締切日:2021年12月06日(月)17:00
2021年12月23日(木)10:00 - 10:30(録画配信)
 申込締切日:2021年12月22日(水)17:00
2022年03月23日(水)13:00 - 13:30(録画配信)
 申込締切日:2022年03月22日(火)17:00
場所 オンライン開催
費用 無料(事前登録制)
定員 60名
対象者 ・SimulationXユーザー様
・構造解析を担当されている方
・コンプレッサ、ポンプおよび冷凍空調機器関連を担当されている方
内容

1. はじめに
 ・圧縮装置(コンプレッサ)のモデル化における課題を説明します。

2. 圧縮装置モデル化の概要
 ・圧縮装置の種類とその構造の違いついて説明します。
 ・マルチドメインによるシステムモデリングについて紹介します。

3. 1Dによるコンプレッサのモデリング
 ・圧縮形式別の圧縮室モデリングの事例を紹介します。
 ・吐出弁の詳細なモデル化と3D‐FEMによる解析結果を用いた1D-3D連携解析例を
  紹介します。

4. 作成モデルの発展的な活用
 ・詳細な解析モデルの汎用要素化による活用方法を説明します。
 ・最適化計算結果による分析および性能向上につながる設計案の検討例を紹介します。

5. まとめ

!メールアドレスの入力ミスにご注意ください。
メールアドレスのご記入が間違っている場合、お客様へ受講案内を発行する事ができません。
メールアドレスは正しく入力いただくようお願いします(コピー&ペーストを推奨します)

お申し込みはこちら >>

※受講までに事前接続確認を実施下さい。
※内容および時間は変更となることがございます。予めご了承下さい。
※内容の録画・録音・撮影は禁止しております。予めご了承下さい。
※弊社と同業者もしくはソフトウェアに直接関係しないお客様の参加はお断りする場合がありますのでご了承下さい。
※メールアドレスは必ずご所属先のアドレスにてお申し込みください。  
 フリーやプライベートのメールアドレスからお申込みいただいた場合は確認のご連絡をさせていただきます。

Webinar接続手順はこちら

事前接続確認はこちら

お問合せ先

ニュートンワークス株式会社 セミナー事務局

TEL:03-3535-2631

E-Mail:nwc-seminar@newtonworks.co.jp