MBSE 統合フレームワーク紹介セミナー

開発のフロントローディングや効率化を目的に、開発の現場においてCAEが活用されてきて久しくなっています。一方で、昨今におけるモノづくりにおいては、従来の開発分野と異なる複数の領域との関係が必要となるシステムとしての開発環境も求められてきています。
本ウェビナーで紹介するMBSE(Model Based Systems Engineering)は、Systems EngineeringとMBD(モデルベース開発)を融合したもので、異なる分野間でモデルを用いた協業により、より良いものを作るためのアプローチとして注目されています。

本ウェビナーでは、昨年末にESI ITI社が北米向けに行ったセミナービデオを中心に、その解説と、日本企業で導入されたシステムの構成例を説明させて頂きます。MBSEそのものを説明するものではありませんが、これからの開発手法を検討されている方、またMBSEの仕組み作りを調査されている方におすすめのセミナーとなります。この機会にぜひご参加下さい。

日時 2022年03月02日(水)13:00-14:30(録画配信)
 申込締切日:2022年03月01日(火)17:00
場所 オンライン開催
費用 無料(事前登録制)
定員 60名
対象者 ・これからの開発手法を検討されている方
・MBSEの仕組み作りを調査されている方
内容

■ESI ITI社のソリューション(英語、日本語字幕入り)
1.提供するフレームワークとテクノロジー
 ・多くの工業分野で採用されているモデルを中心としたアプローチ例を紹介します
 ・設計プロセスの自動化が可能となるMBSEの効率的な活用方法ついて紹介します
 ・既存の解析ツールが利用可能なプラットフォームの使用による効果を説明します

2. MBSE 統合フレームワークの事例
 ・航空機装置の性能検討モデルを例に、MBSE 統合フレームワークの適用事例を紹介します
 ・協調作業が必要となる複雑なエンジニアリング環境下におけるメリットを紹介します

■ニュートンワークスからのご案内
1. ESI ITI社ソリューションの補足説明
 ・ESI ITI社が構築しているMBSE統合フレームワークの概観を図解により説明します
2.具体的な構成事例
 ・MBSE統合フレームワークの構築に必要なツールと構成例を説明します
3.プロジェクトの進め方
 ・MBSE統合フレームワークの導入検討にあたってのご案内と必要要件を説明します

!メールアドレスの入力ミスにご注意ください。
メールアドレスのご記入が間違っている場合、お客様へ受講案内を発行する事ができません。
メールアドレスは正しく入力いただくようお願いします(コピー&ペーストを推奨します)

お申し込みはこちら >>

※受講までに事前接続確認を実施下さい。
※内容および時間は変更となることがございます。予めご了承下さい。
※内容の録画・録音・撮影は禁止しております。予めご了承下さい。
※弊社と同業者もしくはソフトウェアに直接関係しないお客様の参加はお断りする場合がありますのでご了承下さい。
※メールアドレスは必ずご所属先のアドレスにてお申し込みください。  
 フリーやプライベートのメールアドレスからお申込みいただいた場合は確認のご連絡をさせていただきます。

Webinar接続手順はこちら

事前接続確認はこちら

お問合せ先

ニュートンワークス株式会社 セミナー事務局

TEL:03-3535-2631

E-Mail:nwc-seminar@newtonworks.co.jp