アセンブリ解析におけるモデル化ポイント -モデル縮退編-

構造物の振動特性は単品の状態とアセンブリの状態とでは変化するため、解析精度を高めようとすると考慮すべき部品点数が多くなり、結果として計算コストの増大につながります。一方、モデル化しなくても結果にほとんど影響しない部品や条件も存在しこれらを事前に見極めることが解析の効率化につながります。また、モデル縮退によっても、解析を効率化できる場面がございます。
本Webinarでは簡易的なモデルを用いて、アセンブリ振動におけるモデル化の基本的な判断基準を説明します。また、モデル縮退を利用する事のメリットおよび縮退の原理に関して基礎的な事柄を説明します。1時間程度のショートセミナーとなっておりますので、お気軽にご参加ください。

日時 2021年12月16日(木)13:00 - 14:00 (録画配信)
 申込締切日:2021年12月15日(水)17:00
2022年02月16日(水)10:00 - 11:00 (録画配信)
 申込締切日:2022年02月15日(火)17:00
場所 オンライン開催
費用 無料(事前登録制)
定員 60名
内容

・アセンブリの振動問題 2自由度系(主系・副系)の場合
・アセンブリの振動問題 多自由度系の場合
・モデル縮退(CMS)について
・縮退の仕方に関する基礎

!メールアドレスの入力ミスにご注意ください。
メールアドレスのご記入が間違っている場合、お客様へ受講案内を発行する事ができません。
メールアドレスは正しく入力いただくようお願いします(コピー&ペーストを推奨します)

お申し込みはこちら >>

※受講までに事前接続確認を実施下さい。
※内容および時間は変更となることがございます。予めご了承下さい。
※内容の録画・録音・撮影は禁止しております。予めご了承下さい。
※弊社と同業者もしくはソフトウェアに直接関係しないお客様の参加はお断りする場合がありますのでご了承下さい。
※メールアドレスは必ずご所属先のアドレスにてお申し込みください。  
 フリーやプライベートのメールアドレスからお申込みいただいた場合は確認のご連絡をさせていただきます。

Webinar接続手順はこちら

事前接続確認はこちら

お問合せ先

ニュートンワークス株式会社 セミナー事務局

TEL:03-3535-2631

E-Mail:nwc-seminar@newtonworks.co.jp