人とくるまのテクノロジー展2018出展および春季大会講演

人とくるまのテクノロジー展2018(横浜)に出展いたします。当日は物理モデリングソフトウェア「SimulationX」及び1DCAEの関連ソフトをご紹介します。また、同時開催される2018年春季大会の学術講演会では当社技術スタッフが講演いたします。
お越しの際はぜひ当社ブースへお立ち寄りください。

日時 2018年5月23日(水)~25日(金)  10:00~18:00
※25日(金)のみ 10:00~17:00
場所 パシフィコ横浜・展示ホール
費用 参加登録制です。詳細は下記お申込み先にてご確認下さい。
内容

【出展内容】 ブース番号:138

物理モデリングソフトウェアSimulationXのほか、FEMの振動特性を縮退するNewtonSuite-MOR、回転体の振れ回り(ローターダイナミクス)を計算するNewtonSuite-MyROTをご紹介致します。

※来場事前登録はこちら

【講演内容】 ブレーキ鳴きに関するFEMを用いた統計的アプローチ(第1報)
 セッション番号:36
 講演会場:会議センター5F 502
 講演日時:2018年5月23日(水) 15:00〜16:40 

ブレーキ鳴きはパッドとローターの接触状態に依存するが、制動中の接触状態は動的に変化し、使用環境や摩耗の影響も受ける。そのため、様々な状態における安定性を評価するには統計的手法が必要となる。そこで本報では連成強度と呼ばれる安定性評価尺度を採用し、FEMを用いた統計的アプローチにより鳴き性能を評価する。

※学術講演会の参加登録はこちら