制御技術実習セミナー 制御塾

日数 2日間 時間 9:30-17:30 受講料 80,000円+税
概要 制御開発では制御の知識だけでなく、制御の対象のモデルを理解して開発していかなければなりません。
本セミナーはインテグレーションテクノロジー社の協力のもと、制御開発で主流となっているソフトウェアMatlab/Simulink を使いながら、機械のモデルと制御、電気のモデルと制御を例に、MBD(モデルベース開発)の基本を実践的に理解いただきます。
内容
物理モデル:機械系制御(1日目)
MATLAB/Simulinkを利用した物理モデル作成(LEGO Mindstorms)
・モデルベース開発を体験
・プラントモデル(物理モデル)と制御モデルの理解

  • MATLAB基礎編
    • モデルベース開発とMATLAB
    • ツール、コマンド機能の全体説明
    • マトリクス計算、グラフ作成、ファイル出力
    • 制御計算プログラムの演習(ボード線図、極、伝達関数)
  • Simulinkによる制御シミュレーション
    • Simulinkの使い方
    • 伝達関数によるシミュレーション
    • 物理モデルの作成
    • PIDコントローラを使う
  • LEGOのモデル作成
    • ライントレースロボットの構成
    • プラントモデルの計算式
    • プラントモデルの作成
    • 制御モデルの作成
    • 出力部などの設定
  • シミュレーションの実行と走行テスト
    • 計算条件データの作成
    • シミュレーションの実行と計算結果の出力
    • モデルの同定と、パラメータ・サーベイ
    • 組込用制御プログラムの作成と走行テスト
    • ライントレースロボットの走行テスト
物理モデル:電気系制御(2日目)
MATLAB/Simulink、 Simscapeを利用した電気システムにおける実践的な制御対象(プラント)と制御器(コントローラ)のモデリング方法を学習

  • 基礎編-1 電気回路・論理回路モデリング基礎
    • RC直列回路のモデリング
      -Simulink & Simscapeの概要と基本操作
    • RC直列回路のフィルタ特性解析
      -チャープ信号による時間応答解析とボード線図による周波数応答解析
    • 基礎的な論理回路のモデリング
      -SimulinkによるカウンタやRS型フリップフロップのモデリング
    • 演習問題
      -RLC直列回路やデルタシグマ変調回路ほか
  • 基礎編-2 DC-DC昇圧型コンバータの電圧制御システムの設計
    • 制御対象のモデリング
      -SimscapeによるDC/DC昇圧型コンバータモデリング
    • PWMのモデリンング
      -SimscapeによるPWM(パルス幅変調)のモデリング
    • フィードバック制御器の設計
      -PI制御器の設計、チューニング、PI制御器の離散化
    • 制御システムのシミュレーション
      -目標設定値の変更、負荷変動を想定し、挙動シミュレーション検証
  • 応用編-1、2 ArduinoによるDCモータ制御実習
    • SimulinkからArduinoへの実装基礎
      -パラメータフィッティング
    • DCモータのモデリング
      -Simulinkまたは、SimscapeによるDCモータのモデリング
    • DCモータのパラメータ推定
      -実機から入出力測定データ取得し、合わせ込みによる精度向上
    • PID制御器の設計とシミュレーション
      -机上シミュレーションによるPID制御器の設計とチューニング
    • 制御実習
前提 数学の知識がある方が望ましいですが無くても構いません。 (例えば下記のような内容が分かる程度)
 ・ベクトル、線形代数(行列など)
 ・解析学(多変数関数の微分・積分)
可能であれば事前にMATLAB/SimulinkのGUIに少し慣れておいていただく事をお勧めします。
対象 制御開発を目指している方、ご興味のある方。
これから制御設計業務を行う方。
MATLAB/Simulink、 Simscapeのご利用を考えている方。