ADINAプログラムコース

日数 2日間 時間 10:00-17:00 受講料 100,000円+税
概要 ADINAのプリポストを利用して、線形と非線形の解析条件を設定・理解することを中心に行います。
ADINAの基礎知識からNASTRANインターフェースの利用、接触定義、FEデータへの境界条件設定などの一連の流れを修得する為の解析例題を通して、ADINAの操作を習得します。
内容
  • 基礎知識
    • ADINAの概要
    • モジュール構成
    • ADINAファイル構成
    • AUIの基本操作
  • 解析例題
    • 穴空き引張り試験片
    • ヘルツの平面ひずみ接触問題の解析
    • ファイバーの捩り解析
    • 3次元モデルの微小すべり接触解析
前提 線形解析経験者の方、または同等の知識を有していること。
対象 ADINAプログラムを初めて利用する方。

ADINA接触解析コース

日数 1日間 時間 10:00-17:00 受講料 50,000円+税
概要 境界非線形の接触(contact)解析に着目し、特に滑りを伴うような大変位における接触や、ゴム材のような柔らかい物における非線形接触に関して、その基本となっている理論と汎用解析プログラムADINAで使用されている機能を対比させながら実際に例題を解いていただき、接触問題に関する本質の理解を深める事を目的とします。
内容
  • 接触解析の知識
    • Contact Surfacesの定義
    • Contactに関するoutput
    • ADINAでの接触機能
    • 動的接触について
    • モデル化について
    • 摩擦について
    • ADINA-Tとの連成
    • 収束について
  • ADINAによる解析例題
    • 2-d contactの設定
    • 3-d contactの設定
    • Rigid Contact Surfaceの作成
    • Contact Offset
    • Tied Contact
    • Initial Penetration
    • v-function
    • ゴムアプリケーション
前提 「ADINAプログラムコース」を受講、または同等の知識を有していること。
対象 これから非線形接触解析を始められる方。

ADINA弾塑性解析コース

※本コースの開催をご希望の場合は、弊社担当営業にご相談下さい。

日数 1日間 時間 10:00-17:00 受講料 50,000円+税
概要 金属材料の弾塑性FEM解析というテーマに絞って、その基本ベースとなっている理論と汎用解析プログラムADINAで使用されている理論や機能を対比させながら実際に例題を解いていただき、実務に役立つ物理的考察の知識と理解を深める事を目的とします。
内容
  • 転位論
    • 弾性と塑性とは
    • 転位の概念
    • 格子欠陥と加工硬化
    • 弾性論と塑性論
    • 応力の定義
    • ひずみの定義
    • 降伏条件
    • 硬化則
  • ADINAによる解析例題
    • 相当応力、不変量の計算
    • 3軸圧力負荷での塑性状態の確認
    • Z軸圧力負荷での塑性状態の確認
    • Z軸圧力繰り返し負荷での塑性ひずみの計算
    • Z軸圧力繰り返し負荷での硬化則
前提 「ADINAプログラムコース」を受講、または同等の知識を有していること。
対象 これから非線形弾塑性解析を始められる方。

ADINA座屈解析コース

※本コースの開催をご希望の場合は、弊社担当営業にご相談下さい。

日数 1日間 時間 10:00-17:00 受講料 50,000円+税
概要 薄板や薄肉円筒、細長い柱などが圧縮荷重をうける時、材料がもつ特性とは関係なく、構造物が急に変形したり壊れたりすることがあります。これは座屈として知られていますが、圧縮荷重下においては、注意しておかなければならない現象の1つです。
本講座では、座屈現象に対する基礎知識を例題を通して身につけて頂くことを目的としています。
内容
  • 座屈現象の概要
  • 解析上の座屈点
  • 座屈の分類
    • 座屈の分類表
    • Restartを使用した固有値解析
  • 線形座屈解析
    • 線形座屈荷重における注意
  • 座屈後解析
    • LDC法の釣合い方程式
    • LDC法の設定、注意点
  • 不整の考慮について
    • アーチモデルによる不整の検討
    • 初期不整の与え方
  • ADINAによる解析例題
    • 座屈点におけるエラーの確認
    • 固有値の評価
    • 線形座屈解析
    • 線形座屈解析での注意
    • トラスの飛び移り座屈
    • LDC法での注意
    • 横荷重を加えた梁の圧縮
    • 不整を考慮した解析
前提 「ADINAプログラムコース」を受講、または同等の知識を有していること。
対象 これから座屈解析を始められる方。

ADINA熱伝導解析コース

※本コースの開催をご希望の場合は、弊社担当営業にご相談下さい。

日数 1日間 時間 10:00-17:00 受講料 50,000円+税
概要 伝熱の基本形態(熱伝導、熱伝達、輻射)の基礎知識から、温度解析の解き方を習得します。またその応用として、温度解析より得られた温度結果を用いた、熱応力解析までの手法も行います。解析は汎用解析プログラムADINA-ThermalとADINA-Structureを利用し、実際に例題を解いて頂き、実務に役立つ知識と理解を深める事を目的とします。
内容
  • 基礎知識
    • 熱力学と伝熱工学
    • 伝熱とは
    • 伝熱の基本形態
    • 熱伝導、熱伝達、熱放射
    • 線形、非線形について
    • 熱応力解析
  • ADINA-Thermal機能
    • プログラムの選択
    • 材料設定
    • 境界条件設定
    • その他の機能
      (TMC解析、ジュール発熱)
  • ADINAによる解析例題
    • 定常熱伝導解析(2D)、(3D)
    • 非定常熱伝導解析(2D)
    • 定常熱伝達解析(2D)
    • 定常熱放射解析(2D)
    • 定常熱応力解析(3D)
    • 熱伝導-熱応力応用編(3D)
    • TMC解析(2D)
前提 「ADINAプログラムコース」を受講、または同等の知識を有していること。
対象 これから熱伝導解析を始められる方。

ADINA動解析コース

※本コースの開催をご希望の場合は、弊社担当営業にご相談下さい。

日数 1日間 時間 10:00-17:00 受講料 50,000円+税
概要 静解析と動解析の違いや1自由度系モデルの基礎知識から時刻歴応答の解き方までを、汎用解析プログラムADINAを利用して実際に例題を解いていただき、実務に役つ知識と理解を深める事を目的とします。
内容
  • 静解析と動解析
    • 静解析の概念
    • 動解析の概要
  • 動解析の基本
    • 1自由度系の自由振動
    • 強制振動
    • 減衰自由振動
    • 減衰強制振動
  • 時刻暦応答の解き方
    • モーダル重ね合わせ法
    • 直接積分法(陰解法と陽解法)
  • ADINAによる解析例題
    • 静解析と動解析
    • 1自由度自由振動/強制振動/減衰振動/減衰強制振動
    • 固有角振動数
    • モード重ね合せ法
    • 直接積分法(シェルの問題)
前提 「ADINAプログラムコース」を受講、または同等の知識を有していること。
対象 これから動解析を始められる方。

開発ですぐ役立つ非線形問題解決コース(NXユーザ編)

日数 1日間 時間 10:00-17:00 受講料 35,000円+税
概要 NXとADINAを連携する為の「NX to ADINAインターフェース」を利用して、ソリューションベースの内容が中心の講座です。受講後すぐに同様の解析をすぐに行えるよう、例題毎に必要な設定と操作方法を習得します。
内容
  • 板バネの接触解析
    • 非線形解析の基本設定(材料非線形、幾何学非線形、境界非線形)
    • 非線形設定と板バネの挙動
  • ホイールのボルト締め付け解析
    • 接触を含む大規模アセンブリ解析の高速計算
    • 軸力を含むボルトのモデル化と軸力の影響
  • パイプの塑性加工解析
    • ひずみの大きな塑性加工問題の設定
    • 曲面同志をスムーズに接触させる方法
    • アウトプットの確認(屈服や板厚変化)
  • ゴムシールの接触解析
    • 接触圧の計算とメッシュ分割
    • 収束性を向上させるための設定
前提 「NX解析モデリング基礎コース」を受講、または線形解析を利用していること。
対象 これから非線形問題に取り組まれる開発・設計者の方。