複合解析自動化・最適化ソフトウェア

OptiYの概要

OptiYは、OptiY GmbHが開発した最適化ソフトウェアです。SimulationXで作成したモデルを寄与度解析から各種最適化までに対応しています。目的関数にカーブフィットさせるパラメーター同定も手軽に行えます。独自のメタモデル作成機能を用いると計算モデルを高速化することも可能です。

マルチドメインを高速に解析するSimulationXをOptiYと組み合わせることで、より効果的な開発が実現できます。

OptiY のイメージ

機能

解析自動化

SimulaionXやMicrosoft Excel、Simulink、CarSimなどを組合せて一連の作業を自動化します。

寄与度解析・感度解析

設計パラメータが評価目的に与える影響の度合いを求めることができます。設計パラメータ単体の影響、複数パラメータ組合せによる総合的な影響を見ることができます。

最適化機能

一つの評価目的(単目的)の最適化から、複数の評価目的のバランスを取って最適な設計値を求める多目的最適化、設計パラメータが変動することで生じる評価目標への影響を抑制するロバスト最適化など幅広い最適化が可能です。

モデルのパラメータを変更し動的な実験結果にフィット(カーブフィット)させる最適化は、パラメータ同定に使用すると熟練者を上回る高いフィッティングを実現します。

時刻歴挙動に対して時間範囲ごとに上限下限などの制約をかけて行う最適化は、SimulationXと組合せて過渡応答を最適化するユニークな最適化として注目を集めています。

モデル高速化のメタモデル

OptiYで設計パラメータを変更して計算した結果は応答曲面として再利用可能です。応答曲面データをModelicaファイル、MATLAB m-fileなどで出力、ModelicaファイルはSimulationXに読込む事でSimulationXのモデルとして計算に利用でき、さらに設計用解析の高速化を実現します。

ポスト処理/データマイニング

計算結果分析のための図表作成機能(グラフ表示やテキスト表示機能など)が豊富に用意されています。

Features Entry Edition Professional
通常設計変数の数 無制限 無制限
分布設計変数の数 最大 3 無制限
局所・全体最適化
制約付き最適化
パラメータ同定
多目的最適化
意思決定支援
複数解析最適化
データマイニング 制限あり
確率的シミュレーション 制限あり
感度解析 制限あり
信頼性分析 制限あり
ロバスト性分析 制限あり
メタモデル化 制限あり
許容値最適化 制限あり
ロバスト設計最適化 制限あり
疲労寿命予測 制限あり

動作環境

OS Windows 7以上(64bit)
メモリ 2GB以上
HDD 空き容量 0.6GB以上
その他 SimulationXのご導入が前提となります。