「MyROT交流会2019」開催のご案内

回転体の振動問題は、ロータダイナミクス(曲げ、傾き)の問題だけではなく、ねじり振動や並進系の振動がベースにあります。大型の発電機などの回転振動以外にも、今後進むモーター駆動の分野において同様の問題を重要なテーマとして取り組まなければなりません。ニュートンワークスではこの課題に対処する為に、回転機械の振動解析プログラムである『MyROT』 を、設計者の方々が手軽に利用できるツールとして「NewtonSuite MyROT」を開発し、機能の改良や追加を実施してまいりました。また、プログラムのご提供と併せて、回転振動対策の情報交換の場とするMyROT交流会を開催しております。   

今回の交流会では、ロータダイナミクスの第一人者である防衛大学校 名誉教授 松下修己先生に「メカトロニクスの機械振動制御の基礎」の講義をいただきます。 また、事例紹介では防衛大学校 藤原浩幸先生より「CVTテストベンチねじり振動のダイナミクスダンパーまたはインバーターによる安定化手法」、株式会社明電舎 鈴田 照平様より「IPMSMの電磁共振条件の検討」(モータ円環振動)について発表いただきます。弊社からは、MyROTの機能拡張と1DCAEのソフトであるSimulationXとの連携によるシステム解析についてご紹介します。

MyROTのユーザ様をはじめ回転機械振動に取り組まれているお客様は、この機会に是非ご参加下さい。

日時 2019年11月28日(木) 13:30~16:50 (受付13:10~)

※同日午前中(10:30~12:00)に「NewtonSuite MyROT」の操作体験セミナーを実施します。ご興味のある方は、こちらもご参加下さい。
体験セミナーも併せて参加される場合は、お申込みフォームで「MyROT交流会2019・体験セミナー両セミナー申込」を選択ください。

場所 AP東京八重洲通り Fルーム
費用 無料(事前登録制)
定員 40名 (午前の部の操作体験は6名)
対象者 回転機械を開発される方、回転機械振動にお困りの方
内容
13:10 受付開始
13:30-14:30 【講義】防衛大学校 名誉教授 松下 修己 先生
「メカトロニクスの機械振動制御の基礎」
CAE技術者向け制御系伝達関数の等価「ばねと減衰」の正負について安定化のための秘策伝達関数
14:30-14:40 休 憩
14:40-15:10 【事例紹介】 防衛大学校 藤原 浩幸 先生
「CVTテストベンチねじり振動のダイナミクスダンパーまたはインバーターによる安定化手法」
15:10-15:40 【事例紹介】 株式会社明電舎 鈴田 照平 様
「IPMSMの電磁共振条件」
モータの円環振動の共振条件の解析
15:40-15:50 休 憩
15:50-16:30 【ニュートンワークスからの情報提供】
・MyROT機能拡張説明
・MyROTとSimulationXの連携
MyROTからモード合成法のマトリクスをSimulationXで利用できるようになりました。軸のねじり方向、軸方向、曲げ(ジャイロ考慮)の弾性をSimulationXで表現することができます。
16:30-16:50 質疑応答


■NewtonSuite MyROT操作体験セミナーについて
午前中に開催する操作体験では、モデル作成、解析実行、ポスト処理の確認、キャンベル線図などロータダイナミクス解析特有の解析結果の見方を体感いただけます。
※会場は当社セミナールームです。午後のセミナーとは会場が異なりますのでご注意下さい。

※セミナー内容は若干変更となることがございます。予めご了承下さい。
※弊社と同業者ないしはソフトウェアに直接関係しないお客様の参加はご遠慮いただいておりますのでご了承お願い申し上げます。

お申し込みはこちら >>

お問合せ先

ニュートンワークス株式会社 マーケティンググループ

TEL:03-3535-2631

E-Mail:info@newtonworks.co.jp