「構想設計実践講座」刈谷開催のご案内

CADによる3次元設計と、高度なCAE解析による設計のバーチャル評価は、開発の効率化のために必須です。一方で、量的拡大に対応するため設計と解析の分業化がますます進み、設計者は形を作る人、解析者はその形をCAEソフトで評価する人となり、質的にもっといいモノを作るための顧客にとっての機能を深堀する役目を担う人が居なくなりつつあります。
本講座では、開発の上流で設計者が機能を深堀できる具体的な方法を理解して、実際の設計業務で実践できるようになる事を目指します。
講座は全6回で構成されています。各回毎のテーマに対し座学と実例で理解を深める内容です。この機会に是非受講をご検討下さい。

日時 2018年6月8日より全6回 各回13:30~16:50
1日目:6月8日(金)
2日目:6月21日(木)
3日目:7月11日(水)
4日目:7月24日(火)
5日目:8月8日(水)
6日目:8月22日(水)
場所 刈谷市総合文化センター アイリス 中央生涯学習センター
費用 60,000円+税
定員 20名
内容
実施日 項目 実施内容 ツール/テンプレート

1日目
6月8日

機能定義
(Requirement)

1.顧客要求と機能
2.機能のロバスト性とは
3.実例:調速機の機能とロバスト性定義

A.機能ブロック図

2日目
6月21日
機能分析
(Function)

4.機能ブロック図、ツリー図の書き方
5.機能×形状関連図の書き方^
6.実例:調速機機能のブロック図、ツリー図
 機能×形状関連図作成

A.機能ブロック図
B.機能ツリー図
C.機能×形関連図

3日目
7月11日
機能定式化
(Logical)

7.機能の定式化方法
8.実例:調速機機能の定式化

D.文献、D/B検索
4日目
7月24日
機能の検証
(V&V)

9.機能の検証について
10.V&Vについて
11.実例:調速機機能の検証

E.ASME V&V
5日目
8月8日
モデリング
(Modeling)

12.1D-CAEについて
13.実例:調速機の1D-CAEモデル化

F.SimulationX
6日目
8月22日
ロバスト最適化
(Optimization)

14.品質工学概要
15.1D-CAEと品質工学
16.実例:調速機のロバスト最適化

G.品質工学

<受講者特典:無料相談会のご案内>
本講座の各回の午前と午後に、お客様個別の「無料相談会」を行います。(事前お申し込み制)
日頃のお困りごとについてご相談下さい。講師の沢田様とニュートンワークス技術員が対応します。

無料相談会は、上記日程の午前の部(10:30~11:30)もしくは 午後の部(17:00~18:00)で実施します。
参加ご希望の方は、本講座のお申し込み時の備考欄に下記項目をご記入下さい。

***ご記入事項***
・参加希望日と時間帯(「午前」もしくは「午後」とご記入下さい)
・ご相談内容

※無料相談会は1社3名様まで同席いただけます
※無料相談会は1社につき原則1回迄とさせていただきます
※同日に希望者が重複した場合は、日程を調整させていただきますのでご了承下さい

講師紹介:サワダ技研株式会社 代表取締役 博士(工学)沢田 龍作 氏
-略歴-
1982-1984 トヨタ自動車電算部、CAEソフト開発
1985-2015 トヨタ自動車エンジン部 CAE開発、活用
      1D-CAEと品質工学を活用した構想設計
      (もっと考える設計)主導、人材育成
2015-現在 サワダ技研株式会社
2016    横浜国立大学博士課程後期卒業
       研究テーマ:複雑系のロバスト最適化、V&V
2013-現在 品質工学会理事

お申し込みはこちら >>

※本講座をお申し込みの際は、お申し込みフォームの受講コースを「構想設計実践講座 全6回(刈谷開催)」、受講時期を「6月」とご選択下さい。

お問合せ先

ニュートンワークス株式会社 CAE講座受付担当

TEL:03-3535-2631

E-Mail:cae-seminar@newtonworks.co.jp