「設計プロセス変革セミナー」刈谷開催のご案内

このイベントは終了しました。

多くのお客様にご参加いただき誠にありがとうございました。

近年開発部門では、MBDの開発手法を採用される企業様が非常に多くなっておりますが、実際にはMBDのコンセプトだけが先行し、具体的な方法についての理解が不足しているケースが見受けられます。MBDでは、そもそもエンジニアの思考・発想を変える事が求められており、それにはトレーニングが必要です。

本セミナーでは、MBDによるの開発手法の総合的なご説明をするとともに、それを実現するためのエンジニアの開発プロセスをどのように変革すべきかをご説明します。
MBDに取り組みサポートも行っているインテグレーションテクノロジー社より、MBDの概要からその効果についてわかりやすくご紹介します。また、CAEの黎明期から変革期までの30年間モノづくりのためのCAE活用の在り方に取り組んでこられたサワダ技研の沢田龍作様に、働き方変革にたどり着いた経緯や変革の概念、構想設計を実践するためのトレーニングの必要性について講演いただきます。この機会に是非ご参加ください。

※満席のため受付終了させて頂きました。

日時 2018年5月30日(水)13:30~16:00
場所 刈谷市総合文化センター アイリス 中央生涯学習センター
費用 無料
定員 30名
内容

1.今さら聞けないMBD
インテグレーションテクノロジー株式会社

なぜMBDが求められているのか、どういった効果があるかを、モデルベース開発のねらいや従来の開発との対比など「モデルベース開発(MBD)」の概要について事例を含めながらわかりやすく紹介する。


2.もっといいモノづくりのための働き方変革
サワダ技研株式会社 代表取締役 博士(工学) 沢田龍作様

講師はエンジン開発部門でCAEの黎明期から変革期まで、30年間モノづくりのためのCAE活用の在り方を試行錯誤し、2013年に「もっと考える設計」、のちに「もっといいモノづくりのための働き方変革」として、エンジン開発部門のトップマネージャーの肝いりで取り組みを開始、主導した。今回は「働き方変革」にたどり着いた経緯や、変革の概念の部分及び今後開催予定の構想設計実践講座の概要を紹介する。


3.これから刈谷で開催する講座のご紹介
ニュートンワークス株式会社

東海地区のお客様とのコミュニケーションの更なる強化と、これまで以上のサービスレベルの向上を図り、当社が計画する刈谷を拠点とした講座や技術相談会などを紹介する。

※時間の関係上、多少の内容変更はご了承ください。
※定員オーバーの際は1社ないし1部門様で人数調整させて頂く場合がございますので、予めご了承ください。
※弊社と同業者ないしはソフトウェアに直接関係しないお客様の参加はご遠慮いただいておりますのでご了承お願い申し上げます。

このイベントは終了しました。

多くのお客様にご参加いただき誠にありがとうございました。

お申し込み・お問合せ先

ニュートンワークス株式会社 マーケティンググループ

TEL:03-3535-2631

E-Mail:info@newtonworks.co.jp