『回転機械振動セミナー』開催のご案内

このイベントは終了しました。

多くのお客様にご参加いただき誠にありがとうございました。

ニュートンワークスは回転機械の振動解析プログラムである「MyROT」を『NewtonSuiteMyROT』として、より設計上流での活用を目指して機能の改良・追加を実施し、活用事例を増やしてまいりました。今回機能の集大成と今後の機能拡張についてご紹介するセミナーを開催いたします。

今回のセミナーではロータダイナミクスの第一人者である防衛大学校名誉教授 松下修己先生および神奈川大学 中村弘毅先生より、ロータ振動の基礎/すべり軸受けの振動/タービン解析などの翼軸連成解析の重要性についてご講演いただきます。MyROTのユーザ様をはじめ、回転機械振動にこれから取り組まれるお客様はこの機会に是非ご参加ください。

日時 2017年2月23日(木)13:30~17:00(受付13:00~)
場所 アットビジネスセンター東京駅 406号室(部屋が変更になりました)
費用 無料(事前登録制)
定員 25名
対象者 ・回転機械を開発される方
・回転機械振動にお困りの方
内容
13:00 受付開始
13:30-14:20 【講 義】防衛大学校 名誉教授 松下修己 先生
「ロータ振動の基礎」
 ロータダイナミクス(回転機械の振動)は回転に伴う不釣り合い力やジャイロ効果など多くの要因が関係し通常の静止構造物とは異なる振動となります。ロータ振動の基礎を分かり易く説明します。
14:20-14:30 休 憩
14:30-15:00 【ニュートンワークスからのご紹介】
「NewtonSuiteMyROT活用事例紹介」
 -最適化ソフトとの連携
 -バージョンアップ情報
 -すべり軸受計算ツールのご紹介
15:00-15:30 【事例紹介】神奈川大学 中村弘毅 先生
「縦振動連成を加味した翼軸連成ねじり振動計算の高精度化題」(仮題)
 タービンなどの翼軸製品の3DFEMでは大規模となるねじり振動解析を3DFEM-MyROT連携で効率的に解析し、さらに精度向上となる連成解析をご紹介します。
15:30-15:40 休 憩
15:40-16:00 【ニュートンワークスからのご紹介】
「トラッキングソルバーと今後の機能拡張のご紹介」
 -トラッキングソルバーによるすべり軸受振動特有の安定/不安定の解析について
 -今後拡張機能の紹介
16:00-16:40 【講 義】
防衛大学校 名誉教授 松下修己 先生
「すべり軸受の振動について」
 すべり軸受ロータの安定性(オイルホワール、オイルホイップ)について内部減衰との関係性を含め分かり易く説明します。
16:40-16:50 質疑応答

※セミナー内容は若干変更となることがございます。予めご了承下さい。
※弊社と同業者ないしはソフトウェアに直接関係しないお客様の参加はご遠慮いただいておりますのでご了承お願い申し上げます。

このイベントは終了しました。

多くのお客様にご参加いただき誠にありがとうございました。

お申し込み・お問合せ先

ニュートンワークス株式会社 マーケティンググループ

TEL:03-3535-2631

E-Mail:info@newtonworks.co.jp