ADINAマルチフィジックス/FSIセミナー(2006年7月25日)

このイベントは終了しました。

多くのお客様にご参加いただき誠にありがとうございました。

非線形解析ソフトウェアADINAシステムによるマルチフィジックスへの取り組みに関するセミナーを開催いたします。
今回はADINAの特長であるマルチフィジックス機能を用いた解析事例のご紹介と、流体解析コードADINA-FでサポートしているFCBI(Flow Condition Based Interpolation)のテクノロジーに関し、 MITのバーテ研究室で直接開発に携わった河野晴彦様に開発経緯や機能概要に関しご講演を賜わります。 お客様の抱える解析課題や技術テーマに対しお役立てください。

日時 2006年7月25日(火) 13:30-17:30 [13:00開場]
場所 京華スクエア 第2会議室
費用 無償
定員 20名
内容
13:30ADINA-F/FSI機能概要説明
ニュートンワークス(株)
14:00「ADINA-F/FCBIテクノロジー」に関するご講演
英国コベントリー大学 研究員 河野 晴彦 様
・FCBIとは(セオリーバックグランド)
・(ADINA-Fにおいての)開発の背景と目的
・既存手法との違い
・FCBIが提供するアドバンテージと適用分野
・具体的な検証事例
・FCBIによるデメリットあるいは制約事項
・FCBIがめざすもの
・今後の開発展望と課題
15:00休憩
15:15ADINA連成解析による事例紹介ほか
ニュートンワークス(株)
・ADINA社提供各種事例のご紹介(排気管、ショックアブソーバ、ABSブレーキ、エンジンマウント、
燃料タンク、ハイドロフォーミングetc.)
・簡易モデルによる一連の操作デモ
・当社取組み事例のご紹介
16:30質疑応答
16:45物理モデリング&システム シミュレーションツール
「SimuationX」のご紹介
17:15終了

※プログラム内容及び時間割は変更になる場合がございます。予めご了承ください。

このイベントは終了しました。

多くのお客様にご参加いただき誠にありがとうございました。

お申し込み・お問合せ先

ニュートンワークス株式会社 マーケティンググループ

TEL:03-3535-2631

E-Mail:info@newtonworks.co.jp